被相続人が,遺言によって,他人(例えば愛人など)に「全財産を相続させる。」などとした場合,被相続人の財産・収入によって生計を立ててきた配偶者,子どもなどは,今後の生活に窮してしまうこともあり得ます

そこで,法律は,被相続人による遺言などの処分によっても奪うことのできない,相続人の相続財産に対する権利として「遺留分(いりゅうぶん)」を定めています

遺留分が認められるのは,配偶者および第1順位(子)・第2順位(直系尊属)の相続人です。
(第3順位の兄弟姉妹には遺留分はありません。)

遺留分の割合は,
直系尊属のみが相続人である場合は被相続人の財産の3分の1,
それ以外の場合は被相続人の財産の2分の1
です