被相続人の借金の方が財産より多くなりそうなときや,他の相続人に被相続人の財産を全部相続させるためなど,様々な理由により相続をしたくないとき,「相続の放棄」という制度があります

相続の放棄をすれば,被相続人の財産(お金,不動産など)を相続することはできませんが,被相続人の債務(借金など)も相続することはありません。

相続の放棄は,「自己のために相続の開始があったことを知った時」から3か月以内にしなければなりません

ただし,この期間は,利害関係人等が家庭裁判所へ請求することによって,伸長(しんちょう)することができます
(つまり,3か月では期間が足りないので延ばしてくれと言って,相続の放棄ができる期間を延長してもらうことができます。)
財産の調査が間に合わず,相続した方が良いのか,放棄した方が良いのか3か月では判断できないというときは,この制度を利用するといいですね

相続の放棄は,被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に対して申述(しんじゅつ)することになっています。

相続の放棄をすると,初めから相続人とならなかったものとみなされるので,代襲相続は起こりません。