「法定相続分(ほうていそうぞくぶん)」とは,律でめられた相続分(割合)のことです

相続が発生した場合,遺言で相続人の相続分が定められていないときは,法定相続人が法定相続分を相続します

法定相続分は,相続人が誰かによって異なります。

  1. 相続人が配偶者と子のとき:配偶者が1/2,子が1/2
    (子が複数の場合は,上記1/2をさらに子の人数で均等に分割)
  2. 相続人が配偶者と直系尊属のとき:配偶者2/3,直系尊属1/3
    (直系尊属が複数の場合は,上記1/3を直系尊属の人数で均等に分割)
  3. 相続人が配偶者と兄弟姉妹のとき:配偶者3/4,兄弟姉妹1/4
    (兄弟姉妹が複数の場合は,上記1/4を兄弟姉妹の人数で均等に分割)
  4. 配偶者がいないとき:相続人で均等に分割

なお,以前は,嫡出子,非嫡出子で法定相続分が異なりましたが,平成25年12月の民法改正により法定相続分が均等になりました。