「家事審判(かじしんぱん)」とは,家事事件のうち,申立人が審判を求める事件のことです

家事事件のうち,
調停事件は,話し合いをして,当事者が合意に至らなければ結論が出ないのに対し
審判事件は,裁判所が判断を示します
(対立する当事者がいる事件では,話し合いでの解決を図りますが,合意に至らなければ,裁判所が結論を出します。)

家事審判に関する法律として,従前は「家事審判法」という法律があったのですが,
平成25年から「家事事件手続法」という法律が施行され
家事調停・家事審判の両方について同法で手続が決められています。

上記法律改正に伴い,
これまで「甲類事件」,「乙類事件」として区分されてきた事件が,
「別表第1の事件」,「別表第2の事件」と区分されるようになりました

  1. 「別表第1の事件」には,子の氏の変更,相続放棄,後見人の選任,養子縁組の許可などがあります。
    公益性が高く,当事者が対立して争う事件ではないことから,家庭裁判所が後見的立場から審判によって判断します。
  2. 「別表第2の事件」には,親権者の変更,養育費の請求,婚姻費用の分担,遺産分割などがあります。
    当事者間で争いのある事件であることから,まずは当事者の話し合いによる解決が期待され,話し合いによる解決ができなければ審判により結論が示されます。