「家事事件(かじじけん)」とは,相続,離婚,子供の監護等に関する事件など「家庭に関する事件」のことをいいます

家事事件の手続には,調停,審判,訴訟があり,いずれも家庭裁判所で取り扱います。

  • 調停は,話し合いによる解決の手続です
    民事事件では,調停で解決しないことが多いため,弁護士が依頼を受けた場合には,最初から訴訟を提起する方が多いのですが,家事事件では,調停前置主義(一定の事件については,訴訟を提起する前に調停を申し立てる必要がある)の関係もあり,まず調停を申し立てることが多く,そのうちの一定数は調停で解決できています。
  • 審判は,一定の事件(家事事件手続法の別表第1,別表第2に掲げる事項に関する事件)について,裁判所が判断する手続です
    調停と違い,当事者間で合意ができなくとも,裁判所が判断して結論を出すので,調停のように合意できないから,何も決まらずに終了ということはありません。
  • 家事事件における訴訟(人事訴訟(じんじそしょう))は,離婚や認知などの事件について,訴訟の手続により裁判所が判断する手続です