「特定調停(とくていちょうてい)」とは,裁判所を利用する債務整理の方法のひとつです

借金の返済を難しくなった債務者の申立てにより,簡易裁判所が債務者と債権者の間に入って調停を行って,借金の返済方法,返済金額等の軽減を決める法的手続です。

裁判所において,調停委員が間に入って,債権者との話し合いを取り持ってくれるので,債権者の対応によっては,債務の減額や返済方法の変更について合意が得られます
また,合意が成立しない場合でも,裁判所が調停に代わる決定(「17条決定」といいます)をして,返済方法等を定めることもあります

ただし,債権者が強硬な姿勢の場合には,債権者との間で合意を成立させることができず,17条決定に対しても異議を出してくることもあるので,うまくいかないときもあります
債務整理の方法としては,債権者によって有効性が異なる方法といえます。