破産の申立てをすると,破産手続が開始され,破産管財人によって破産者の財産が換価され債権者へ分配されるのが原則です

しかし,破産の申立てをする人は,債権者へ分配できるほどの財産を保有していないこともよくあります。
その場合にも,破産管財人を選任して財産の換価・分配の手続を行っても,債権者への分配はほとんどなく,手間と費用がかかるだけということになります

そこで,破産者にめぼしい財産がなく,破産者の免責について破産管財人による調査も必要ない場合,裁判所は,破産管財人を選任せず,破産手続開始と同時に破産手続を終了します。
これを「同時廃止(どうじはいし)」といいます

ただし,破産者にめぼしい財産がなくとも,免責について調査が必要な場合(例えば,偏波弁済が疑われたり,債務を負った経緯に問題がありそうな場合など)には,裁判所は,破産管財人を選任して,免責調査を行わせます