所有権

「所有権(しょゆうけん)」とは、物を直接・排他的に支配する権利のことです。

民法では、「所有者は、法令の制限内において、自由にその所有物の使用、収益及び処分をする権利を有する」とされており(民法206条)、所有者の有する所有権は、その物を自由に使用、収益、処分できる権利です。

物に対する権利である物権の中でも、所有権は最も強い(権利の範囲が広い)権利といえます。

自由に使用・収益・処分できるとは、
例えば、Aさんが所有するカバンを、
・Aさんがどう使おうと(使用)
・他人に貸して使用料を得ようと(収益)
・捨てたり売ったりしようと(処分)
Aさんの自由ということです。

「直接・排他的」とか「使用、収益、処分」というと分かりにくいですが、所有権というのは、一般の方が物に対する権利として考えるものとほぼ同じといえるでしょう。

ChatGPTによる回答を紹介します。
「所有権とは?」
ChatGPTの回答
「所有権は、物や財産を所有する権利を指します。法律上、所有権は物や財産を使用、管理、売買などする権利を持ち主に与えられます。所有権は、私有所有権、共有所有権、公有所有権などに分類されます。」

概ね正しい説明になっていると思います。
後段については、日本の法律では、私人の所有権も公的団体(例えば国)の所有権も同じ所有権であり、私有所有権、公有所有権などという分類はありませんが、そういう分類がある国もあるかもしれません。また、複数人が一緒に所有する物の所有権は、日本の法律では、「共有」といいますが、共有所有権という名称を付けている国があってもおかしくありません。

前の記事

占有権

次の記事

検認New!!