占有権

「占有権(せんゆうけん)」とは、物を実際に支配していることによる権利です。
所有権」と違って、少し分かりにくい権利といえます。

本当の持ち主ではないけれど、「物」を支配しているということがあります。

例えば、アパートの賃借人は、そのアパートの所有者ではないけれど、実際に住んでアパートを支配していて、仮に解除などにより賃貸借契約の効力がなくなっても、アパートを退去する前は、実際に住んで支配している状態は継続しています。
また、量販店等で売られていた物を盗品とは知らずに購入して使用している人や、「ちょっと預ってて」と頼まれて友人の物を所持している人も、その「物」を実際に支配しています。

このように、物を実際に支配している状態を「占有(せんゆう)」といい、物を占有している状態を保護する権利(占有していることにより有する権利)のことを「占有権」といいます。

占有権は、所有権ほど強力ではありませんが、物を取られたり壊されたりなどの占有を妨害された場合(されそうな場合)には、占有訴権(せんゆうそけん)という権利を行使することができるなど、「占有」という実際の支配状態を保護するための権利があります。

占有訴権には以下の3つがあります(民法197条)。

  1. 占有保持の訴え(占有妨害されているとき)
  2. ⇒占有の妨害の停止及び損害の賠償を請求することができます(民法198条)。

  3. 占有保全の訴え(占有妨害されそうなとき)
  4. ⇒占有の妨害の予防又は損害賠償の担保を請求することができます(民法199条)。

  5. 占有回収の訴え(占有を奪われたとき)
  6. ⇒占有を奪われた物の返還及び損害の賠償を請求することができます(民法200条1項)。

ChatGPTによる回答を紹介します。
「占有権とは」
ChatGPTの回答
「占有権は、物や財産を実際に所有している状態を指します。占有権は、法律上の所有権とは別のものであり、所有権を持っている者が物や財産を実際に占有している場合にのみ存在します。占有権は、占有者が物や財産を使用、管理、売買などする権利を持ちます。」

「占有権とは?」
ChatGPTの回答
「占有権は、物や財産を実際に持っていることによって、その物や財産を使用、管理、売買などする権利を持つことを指します。法律上の所有権とは別の概念であり、占有権を持っている者は、法律上の所有権を持っている者である必要はありません。占有権は、占有者が物や財産を実際に持っていることに基づいて、自分のものとして使用、管理、売買などする権利を持ちます。」

「占有権とは」、「占有権とは?」と2度目の質問では「?」を付けて質問したところ、別の回答となりました。
(「?」を付けたことによる影響か、2度質問したことによる影響かは分かりません。)

最初の回答は、模範的な誤答のひとつといえます。
上記のとおり、占有権は、所有権とは独立した権利であることがその本質のひとつです。
所有者であるか否かに関わらず、実際に支配している状態を保護するための権利が占有権なのです。
大学の民法の試験で上記の最初のChatGPTのような回答があれば、占有権とは何かを理解してもらうために最適の誤答として、先生は紹介するのではないでしょうか。
(あるいは、自分の講義が全く理解されていないと落ち込むかもしれませんが。)

2度目の回答は、占有権の本質をよく示した回答となっています。
占有権でできることの内容は間違っていますが、
(「使用、管理、売買などする権利」ではありません)
・「所有権とは別の概念であり、占有権を持っている者は、法律上の所有権を持っている者である必要は」ないこと、
・「占有者が物や財産を実際に持っていることに基づいて」生じる権利であること
という重要なポイントを押さえています。

前の記事

弁護士会

次の記事

所有権