「第三債務者(だいさんさいむしゃ)」とは,主に強制執行(債権差押など)の場面で出てくることばです。
債務者が有している債権の債務者のことをいいます

この説明ではよく分からないと思うので,例を挙げます

Xさんは,Yさんに対して100万円の債権を持っていて判決を取りましたが,Yさんは現金や不動産などの財産を持っていないようです
しかし,Xさんが調査したところ,YさんはA銀行に100万円の預貯金を持っていることが分かりました
YさんがA銀行に100万円の預貯金を持っているということは,YさんはA銀行に対して,「100万円の預貯金を払い戻してくれ」と請求できる100万円の預貯金債権を持っているということになります。

そこで,Xさんは,YさんのA銀行に対する100万円の預貯金債権を差し押さえました
この場合,Xさんとの関係では,A銀行は,Xさんが差し押さえたYさんの債権の債務者ということになります。
このように,差し押さえられた債権の債務者のことを第三債務者といいます