今回は,日常生活では聞くことのない法律的なことばの話です。

「心裡留保(しんりりゅうほ)」とは,簡単に言えば,その気もないのにその気があると言うことです

民法では「表意者がその真意でないことを知ってした」意思表示のことを心裡留保としています(民法93条本文)。
心裡留保は,原則として有効ですが,相手方がその気がないことを知っていた,または知ることができたときは無効となります。

例えば,
Aさんは,Bさんの持っている時計を売って欲しいと思い,「その時計を10万円で売ってください」と言ったところ,Bさんは,売る気は全くないのに,Aさんをからかってやろうと思い,「いいですよ」とウソの承諾したとします

その場合,Bさんの承諾の意思表示は心裡留保となり,承諾は有効となりますしたがって,AさんとBさんとの間で時計の売買契約が成立します
しかし,Aさんが,Bさんの承諾をウソだと知っていたら,承諾は無効であり,売買契約は成立しません

心裡留保がなぜ原則として有効かといえば,ウソを信じて行動したひとを守るためです。
(上の例くらいならともかく,例えば,数千万円の不動産を売ると言われて,それを信じて他の不動産を売却して資金を用意したのに,売ると言ったのはウソだったと言われてしまったら,たまりませんよね。)

例外的に,無効となる場合は,相手方もウソだと知っている,または普通ならウソだと分かる場合です。
その場合には,相手方を守る必要はないからですね。

心裡留保ということばだけ聞くと,よく分からない用語のようですが,結局,一度言ったことは,「実はウソだった」という言い訳で無しにはできない,だけど相手もウソだと知っていたら,ウソはウソとして無しにしましょうということです。とっても常識的な話ですね
法律というのは,ほとんどの場合,みんなが一致する価値観をルールとして決めたものなので,ほとんどの法律はよく聞けば常識的な内容なのです。