お給料で生活をしている多くの方は,突然解雇されてしまったり,お給料が払われなかったりすると,生活できなくなってしまいますよね
解雇や給料の不払いなどで,雇用主とトラブルになったら,一刻も早く解決しないと困ります

平成18年4月から「労働審判(ろうどうしんぱん)」という制度が始まり,労働問題についての紛争を迅速に解決できるようになりました

それまでは,通常の訴訟を行うとした場合,結論が出るまでに早くても半年から1年かかっていました。
しかし,労働審判は,原則として3回以内の期日で行います。
そのため,審判の申立てをしてから2~4か月程度で終了することがほとんどです

また,3回目までに合意ができなければ,審判で結論を出してくれます
(ただし,どちらかが審判に不服なときは,異議を申し立てることができ,その場合は通常の訴訟に移行します。)
労働審判では,3回目までに合意して和解が成立する比率が高いという印象です。

弁護士の目から見ると,早く解決でき,解決水準もそこそこなので,依頼者に勧められる使いやすい制度になっていると思います