福岡の弁護士事務所:福岡中央法律事務所のページ

債務整理の用語解説

債務整理の用語解説

借金の問題について相談する際に使うことばの説明です。

債務整理

任意整理や破産などの方法を使って,債務の返済額を減少させることにより,債務者の再生(借金に追われない生活ができるようにするというような意味です)を図ること。

任意整理

裁判所での手続を使わずに,借入先(金融機関,消費者金融,カード会社など)と直接交渉して,利息・損害金・毎月の支払額の減免をしてもらうことにより,債務を減らす方法のこと。

自己破産

破産とは、裁判所への申立てにより,財産を処分して借金をなくす手続きのこと(ただし,実際には破産をして免責決定を受けることにより,借金がなくなります)。破産の申立ては,債権者(お金を貸した側)と債務者(借りた側)のどちらからでも申立てができるが,特に債務者から申し立てるものを自己破産と呼んでいる。

利息制限法

利息制限法とは,お金を貸した場合の利息について制限する法律で,元本(借りた金額)により20%(10万円未満),18%(10万円以上,100万円未満),15%(100万円以上)までと決まっています。

引き直し計算

貸金業者から提出された借入と返済の履歴(取引履歴)をもとにして,利息制限法で制限された利率であれば現在の残額はいくらとなるかを計算し直すこと。

同時廃止

破産の手続を開始決定と同時に終わらせること。
破産は,債務者の財産を清算して債権者に分配する手続なので,本来であれば破産管財人を選任して,清算・分配手続を行う。しかし,分配するほどの財産もなく,破産に至った経緯にも問題がないようであれば,破産管財人を選任して財産調査を行うという手続を行わずに破産手続を終わらせる。これを同時廃止という。
同時廃止の場合には,破産管財人の報酬が不要であり,管財人を選任する場合と比べて免責決定が出るまでの期間も短い。

お問い合わせ,相談の予約はこちらへ TEL 092-724-6820 受付時間 10:00~18:00[土日祝は休]
上記時間外は問合せフォームからどうぞ

PAGETOP
Copyright © 2007-2017 福岡中央法律事務所 All Rights Reserved.