「証明(しょうめい)」とは,ある事実について,裁判所が「この事実は存在する」という確信を得た状態のこと,または裁判所に確信を抱かせるように証拠を提出する当事者の行為をいいます
ここでの裁判所とは,ひとりの裁判官が審理する事件(単独事件)ではその裁判官,複数の裁判官が合議で審理する事件(合議事件)ではその複数の裁判官のことです。

これに対して,「疎明(そめい)」とは,ある事実について,裁判所が「この事実は存在する」ことが一応確からしいと推測できる状態のこと,またはその状態に達するように資料(疎明資料)を提出する当事者の行為をいいます

このように書くと,証明は大変だけど,疎明は適当で良いという印象を持つかもしれませんが,そういうわけではありません。

当事者の一方しか関わらない手続,迅速な処理が必要とされる手続(仮差押などの保全事件が典型です)では,当事者(申立人)が事実の存在を示すための手段は制限されます(例えば,証人尋問などはできません)。
そこで,その制限された手段という前提であれば,事実があると確信できるという状態であるという程度の立証がされた状態を,裁判所は疎明がされたというのです。

したがって,疎明であっても,訴訟で通常提出する程度の資料の提出は求められますし,通常予想される反論に対する資料の提出も求められます。
(そのような資料を提出できなければ,疎明されていないとして,裁判所は申立てを棄却します