「親告罪(しんこくざい)」とは,法律で「告訴がなければ公訴を提起することができない」と決められている犯罪のことをいいます

通常の犯罪(親告罪でないもの)は,被害者等の意向に関わらず,検察官の判断で公訴を提起するかしないのかを決めることができます

しかし,公訴を提起されて裁判になれば,裁判の手続は公開されるので,被害者等が世間に知られたくない事実も公開されてしまうことになります。
また,それ以外にも,軽微な犯罪である,親族間の犯罪であるなど,被害者等が公訴の提起を望まない場合にまで公訴を提起すべきでない犯罪もあります。

そこで,強姦罪,名誉毀損罪,器物損壊罪,親族間の窃盗罪などについては,親告罪とされていて,被害者等の意向が重視されているのです