「要件事実(ようけんじじつ)」とは,権利の発生や消滅など一定の法律効果の発生に必要な具体的事実のことです

裁判において,裁判を提起した原告は,自らの請求を根拠付ける要件事実を主張・立証します

それに対して,裁判を提起された被告は,原告の主張する要件事実を否認したり,原告の主張する要件事実が認められたとしても,その法律効果を消滅させる要件事実を主張・立証したりして対応します

以前は,司法研修所(弁護士,裁判官,検察官になろうとするひとが研修を受ける施設)や弁護士・裁判官同士の会話でしか聞くことのなかった要件事実ということばですが,ロースクールが始まってからは,要件事実に関する一般向けの書籍を出版されるようになり,少しメジャーなことばになりました。