平成18年に改正された貸金業法(貸金業に関する法律です)により,平成22年6月から施行された制度のひとつが「総量規制(そうりょうきせい)」です

どういうものかというと,
「個人が貸金業者から借り入れることができる総額(借入残高)が年収の3分の1までに制限される」
というものです
(一部除外や例外があります。)

例えば,
年収300万円の人の場合,既にA社から100万円の借入残高があると,新たにB社から借り入れしようとしても,借り入れができないということになります。

ただし,
クレジットカードを使ったショッピングや銀行からの借り入れなどは総量規制の対象とはなりません