人が死亡することにより,「相続(そうぞく)」が発生します。

相続とは,亡くなった人の財産を生きている人が受け継ぐことです。

亡くなった人のことを「被相続人(ひそうぞくにん)」,
受け継ぐ人のことを「相続人(そうぞくにん)」
といいます

誰が相続人になるかは,法律で定められています
法律で定められている相続人のことを「法定相続人(ほうていそうぞくにん)」と言います。

しかし,被相続人は,誰に財産を相続させるのかを決めておくことができます
これを「遺言」といいます(一般的には「ゆいごん」と言いますが,法律家などは「いごん」と読むことが多いです)。
遺言があれば,法律の規定より遺言が優先します
(ただし,「遺留分(いりゅうぶん)」など,遺言があっても適用される規定もあります。)

相続財産と言うと,プラスの財産(金銭,不動産など)を思い浮かべますが,マイナスの財産(借金など)も相続財産に含まるので,注意が必要です。