「異時廃止(いじはいし)」とは,破産手続が開始され,破産管財人が選任されて財産調査を行ったけれど,債権者へ配当できるだけの財産がないと判明した場合に,配当を行わずに破産手続を終了することです。

同時廃止の場合は,破産手続を開始した時点で,手続を進めても仕方がないということで,破産管財人も選任せずに破産手続を終了します。
それに対して,破産管財人を選任して調査してみたけれど,配当ができるだけの財産はなかったという場合には,異時廃止になります。