「瑕疵(かし)」とは,「本来有しているべきこと(品質,性能など)を備えていないこと」です

例えば,買った家が雨漏りするという場合,この家には「瑕疵」があるということになります。

法律用語の「瑕疵」は,意思表示などに関しても使われますが(「瑕疵ある意思表示」など),最もよく使われるのは,目的物に瑕疵がある場合の責任,すなわち「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」についてです。

「瑕疵担保責任」とは,売買などの目的物に瑕疵があった場合,売主等が買主等に対して負う責任のことです
一定の要件が満たされて,売主が買主に瑕疵担保責任を負う場合には,買主は,売主に対し,損害賠償請求や解除などができます