法律用語における「無効(むこう)」とは,効力が生じないことです

「この契約は無効です。」となると,
契約の効力が生じなかったことになります

よく似た法律用語に「取消(とりけし)」があります。
無効の場合は,そもそも効力が生じていないのですが,取消の場合は,取消をできるひと(「取消権者」といいます)が取り消すことによって効力がなくなるなどの違いがあります。

契約などが無効となる理由は,様々な法律で定められていますが,民法で定められているものには,「心理留保(しんりりゅうほ)」,「錯誤(さくご)」などがあります。読み方が難しいものもありますね