「準正(じゅんせい)」とは,嫡出でない子が嫡出子の身分を取得することです
準正は,法律で2つのパターンが定められています。

  1. 「婚姻準正(こんいんじゅんせい)」
    認知された子は,その父母が婚姻すると,嫡出子となります(民法789条1項)。
  2. 「認知準正(にんちじゅんせい)」
    認知されていない子は,その父母が婚姻して,その後父母が子を認知すると,嫡出子になります(民法789条2項)。

本来は,父母が婚姻して子供を産むことによって,子は嫡出子となるのですが,準正は,婚姻と出産の順番はどうあれ,父母が婚姻すれば子を嫡出子としましょうという制度ということになります。