「法定相続人(ほうていそうぞくにん)」とは,読んで字のごとく,律でめられた相続人のことです
亡くなった方(「被相続人(ひそうぞくにん)」)が遺言をのこしていなければ,法定相続人が被相続人の財産を相続します

法定相続人は誰かというと

  • 被相続人に配偶者(夫または妻)がいれば,常に相続人となります
  • 配偶者の有無に関わらず,以下の順位が高い順に相続人となります
    (配偶者がいれば,配偶者とともに相続人となります。)
  1. 第1順位の相続人:被相続人の子供
    (子供が既に亡くなっているときは,その子供。)
  2. 第2順位の相続人:被相続人の直系尊属
    (父母。父母のどちらもいないときは,祖父母)
  3. 第3順位の相続人:被相続人の兄弟姉妹

例えば,
被相続人には配偶者がいて,子供はおらず,直系尊属も全て亡くなっており,被相続人の弟が存命である(被相続人には他に兄弟姉妹はいない)とすれば,
被相続人の配偶者と弟が法定相続人となります