遺言書の保管者または遺言書を発見した相続人は,遺言者の死亡を知った後,直ちに家庭裁判所へ遺言書を提出して,「検認(けんにん)」を受けなければなりません
(ただし,公正証書による遺言の場合は,不要です。)

遺言書に封印がしてある場合は,家庭裁判所において,相続人またはその代理人の立会いのうえで,開封しなければならないことになっています

「検認(けんにん)」とは,相続人に対して遺言の存在およびその内容を知らせるとともに,遺言書の偽造・変造を防止するための手続です
相続人には,検認手続に通知がされますが,立ち会うかどうかは各相続人の自由です

検認の手続においては,裁判官が遺言書の状態,筆跡,内容などを確認して,書記官がその内容を記録します

検認は,検認を行った時点における,遺言書の状態,筆跡,内容などを記録するための手続であり,遺言の有効・無効を判断する手続ではありません