「根抵当権(ねていとうけん)」も通常の抵当権と同じく,債権をより確実に回収するための手段のひとつです

では,抵当権(通常の抵当権)と根抵当権の違いは何でしょうか

抵当権は,「特定の債権を担保するため」に設定されます

例えば,あなたが銀行から住宅ローンとして1000万円を借り入れたら,その1000万円の貸金債権を担保するために設定されるのが通常の抵当権です。
特定の債権を担保するためなので,あなたが同じ銀行からカードローンで10万円を借り入れても,その貸金債権は住宅ローンのために設定された抵当権では担保されません。

これに対して,根抵当権は,「一定の範囲の不特定の債権を担保するため」に設定されます

例えば,A社がB銀行から運転資金を借り入れるのに,最初は300万円を借り入れ,その返済中に新たに200万円を借り入れ,さらに300万円を借り入れたとします。
B銀行が貸金債権を抵当権で担保しようとした場合,通常の抵当権であれば,貸し付けるたびに新たに抵当権を設定する必要があるのは面倒です
それだけではなく,それぞれの抵当権は別々なので(順位もその設定日による),最初の貸付のあとにA社が別のC銀行からお金を借りて,抵当権を設定したら,それ以降の貸金に設定した抵当権は,C銀行の抵当権より順位が下になってしまいます

そこで,特定の当事者の一定範囲の債権を極度額まで担保することができるように根抵当権を設定するのです

上記の例で,B銀行は,A社とB銀行の貸金債権について極度額800万円までの根抵当権を設定すれば,抵当権の設定は一度ですみ,抵当権の順位も1位のままです