時効(じこう)」とは,別の項で書いたとおり,一定の期間の経過によって,権利が発生したり消滅したりという効果が発生する制度のことです。
一定期間の経過により権利が発生するものを「取得時効(しゅとくじこう)」,権利が消滅するものを「消滅時効(しょうめつじこう)」 といいましたね。

民事上の時効は,一定期間が経過すれば,自動的に効果が発生するのではなく,時効により利益を受けるひと(当事者)が「時効の利益を受ける」と言って初めてその効果が発生します
この当事者が時効の利益を受けるという意思表示のことを,時効の「援用(えんよう)」といいます

例えば,お金を借りた場合,一定期間が経てば,その債務(貸金返還債務)について消滅時効が成立します。
(いつ消滅時効が成立するかは,契約によって異なります。)
しかし,借りたお金は返したいというひとには,返させた方が良いので,借りた人が消滅時効を援用しなければ,貸金返還債務は消滅せず,貸した人は借りたお金を返してくれと言うことができます

ただし,逆に言えば,せっかく時効が完成していても,そのことを知らなければ,時効の利益を受けることができないことになります
法的な請求をする場合も請求を受ける場合も,時効については常に注意する必要がありますね