民事訴訟において,第1回期日は,被告の都合に関わりなく指定されるため,被告は出頭できない(期日に裁判所へ行けない)ことがあります

このような場合,被告が出頭しないままで期日を開き,被告の提出した答弁書や準備書面を陳述したものとみなして,手続を進めることができます(民事訴訟法158条)。
この「答弁書や準備書面を陳述したものとみなす」ことを「陳述擬制(ちんじゅつぎせい)」といいます