「慰謝料を取ってやる!」などとドラマなどでもよく聞く言葉だと思いますが,「慰謝料(いしゃりょう)」とは,法的には精神的苦痛に対する損害賠償のことです

損害賠償の請求は,いろんな原因により認められますが,そのうち,精神的苦痛を受けたことを理由とするものを慰謝料と呼ぶのです。
例えば,夫の浮気が原因で離婚することになった場合,妻は,精神的苦痛を受けたことを理由として,夫やその不倫相手に対して慰謝料を請求できます。

慰謝料は,その原因により相場(認められる金額)も様々ですが,多くの場合,請求する側(苦痛を受けた側)にとっては,思ったより低いことも多いようです
弁護士が相談を受けて,裁判で認められそうな金額を回答すると,「たったそれだけですか」と驚かれることもよくあります。