「強制執行(きょうせいしっこう)」とは,債務名義に書かれた内容を,国家権力によって,強制的に実現するための手続です

例えば,あなた(債権者)が知り合い(債務者)にお金を貸したのに返してくれないので,裁判を起こして判決を得たとします。
だけど,それだけでは,裁判所は,それ以上は何もやってくれません
また,判決を得たからといって,あなた(債権者)が債務者の家に行って,お金を取ってきたら窃盗罪になってしまいます

そこで,判決を実現するために「強制執行」という手続が用意されています。
判決が出たのに債務者がお金を返さなかったら,債権者は,強制執行の手続によって,債務者の所持している物であったり,預貯金口座からお金を回収することができるのです

強制執行には,上記のようにお金を回収する手続とそれ以外の判決内容を実現する手続があります。
お金を回収する手続では,債務者の持っている物(不動産,動産など)を換価したり,預貯金・給与などを差し押さえたりして,お金を回収します。
それ以外の判決内容の実現とは,建物からの立ち退きや物の引渡しなどがあります。

強制執行は,どの手続を取るか,どのように手続を進めるかなどに難しい点も多いので,分からないことがあれば,弁護士に相談してみてください