私たちは,日常生活の中で知らず知らずのうちに,いろいろな「契約(けいやく)」をしています

例えば
A子「B子ちゃんのペン借りていい?」
B子「いいよ

この場合,ペンをタダ(無償)で借りる「使用貸借(しようたいしゃく)」という契約が成立しています

C男「このハンバーガーとお前のおにぎりを交換しようよ」
D男「いやだよ」

この場合,ハンバーガーとおにぎりの「交換契約(こんかんけいやく)」を申し込んだけど,承諾を得られなかったので,契約は成立しませんでした

「こうしたい」という考え(=意思(いし))が一致してその一致した内容を守らなければならなくなる(拘束力を持つと言います)のが契約です。
契約書を作るものだけが契約というわけではないのです