よく,割印(わりいん)と間違われますが

契約書などの書類を作成したとき,1ページで収まらず,数ページとなることがありますよね。
その場合に同一の書類であることを示すため,見開きの境目のところに,2枚の用紙にまたがるように押印します。
これを「契印(けいいん)」といいます
契印には,その書類の署名捺印に使用したのと同じ印鑑を使用します。

契印をすることで,契約書などの書類の途中のページをすり替えたりすることができなくなります