「司法修習生(しほうしゅうしゅうせい)」とは,司法試験に合格して,最高裁判所に採用され,司法に関する実務などの修習をするひとのことです

1年間(以前はもっと長い期間でした)の修習を終えて,国家試験(通称「二回試験」)に合格すると修習終了となり,裁判官・検察官・弁護士になる資格を得ます

裁判所へ裁判の傍聴に行くと,裁判官の隣などに新人っぽい人が座っていることがありますが,それが司法修習生です。
(司法修習生の前には「司法修習生」という卓上ネームプレートが置いてあります)

司法修習生は,修習専念義務というのを負っているので,副業・アルバイトは禁止されています。
そのため,以前は国から給与が支払われていましたが(給費制),いまでは給与の支払いはなく,代わりに貸し付けを受けられる制度(貸与制)があります。