「反訴(はんそ)」とは,訴訟を提起された者(被告)が,反対に原告に対し,同一裁判手続内で起こす訴えのことです

原告に対する訴えであれば,何でも反訴として提起できるわけではなく,係属中の訴え(「本訴(ほんそ)」といいます)と関連性のある訴えである必要があります(民事訴訟法146条1項本文)
ただし,人事訴訟では,関連性がなくても反訴を提起できます(人事訴訟法18条)。