「占有権(せんゆうけん)」とは,物に対する事実上の支配によって発生する権利のことです

物の所有者には,所有権という権利があります。
しかし,例えば,所有者ではないひとから物を買って所持している,他人の所有物を預かっているなど,所有権はないけど物を実際に支配しているということがあります。
この「物」を支配している状態を「占有」といいます

物を占有しているひとが,物を奪われたときは,他の権利がなくとも,占有を奪われたことを理由として,返還を請求することができます。
この根拠となる権利が「占有権」です

所有権などの権利は,目に見えないので,誰が権利者はよく分からないときがあります
そこで,物を占有しているという状態に保護を与えて,社会秩序を維持することなどを目的として占有権があるといわれています。