警察は被疑者を逮捕すると48時間以内に取り調べを行い,そのあとは身柄を検察庁に送ります
これを「送検(そうけん)」といいます

検察官は,送検を受けて24時間以内に被疑者の身柄拘束を継続する必要があるかを検討して,必要であれば裁判所に身柄拘束を継続する許可を求めます。これを「勾留請求(こうりゅうせいきゅう)」といいます

裁判所は,検察官の勾留請求を受けて,必要があると認めれば,10日間の身柄拘束の継続を認めます。これを「勾留(こうりゅう)」といいます
勾留は,さらに10日間まで延長が認められるので,最長で20日間の勾留が認められることになります。

被疑者が逮捕された場合には,最長で23日間(勾留の最終日を「勾留満期(こうりゅうまんき)」といいます),身柄拘束が続くことになります

逮捕後の手続の流れについては,「刑事事件の手続の流れ」をご覧ください。