「債権(さいけん)」とは,契約を結んだりすると発生する,相手に”~をしてもらう権利”のことです。
債権を持っている人を「債権者(さいけんしゃ)」といいます

例えば,
A子「そのおにぎりひとつちょうだい?」
B子「いいよ

という場合,
B子が承諾した時点で契約(贈与契約)が成立し,
A子には”B子におにぎりを引き渡してもらう権利”が発生します。
A子は,B子に対して債権を持っていることになり,債権者になります。