「保証人(ほしょうにん)」とは,主債務者がその債務を履行しない場合に,主債務者の代わりにその債務を履行する義務を負う人のことです

債権者と保証契約を結ぶことにより保証人となります。
保証契約は書面で行う必要があります(民法446条2項)

保証人は,債権者から請求を受けた場合,催告の抗弁権(まずは主債務者に請求するよう求める権利)と検索の抗弁権(まずは主債務者に対して強制執行するよう求める権利)を有します。

保証人には,通常の保証人以外に「連帯保証人(れんたいほしょうにん)」というものもあります

連帯保証人は,催告の抗弁権・検索の抗弁権を有していません。

保証人は,主債務者と同様の債務を負うことになります
(お金を借りていなくも,お金を借りたのと同様の義務を負うことになります。)
何か特殊な事情がない限り,保証人となることは避けましょう