法定相続人」のところで説明したとおり,被相続人(亡くなった方)の配偶者および順位の高い相続人が相続人になります。

例えば,被相続人に配偶者はいるが,子はおらず,父母は存命の場合,配偶者と父母が相続人となります。

しかし,子はいたけれど,被相続人が亡くなる前に子は亡くなっていて,その子(被相続人の孫)は存命であるという場合,孫が本来の相続人である子に代わって相続人となります。
これを「代襲相続(だいしゅうそうぞく)」といいます。