「人事訴訟(じんじそしょう)」とは,夫婦や親子等の家族に関する争いを解決するための訴訟のことです

代表的な人事訴訟として,離婚訴訟があります。

家族に関する事件は,まず調停で解決を図りますが(調停前置主義),
調停で解決できなかった場合には,人事訴訟により解決することになります

人事訴訟は,以前は地方裁判所が取り扱っていましたが,平成16年の法律改正により家庭裁判所が取り扱うようになりました
このときの法律改正により,人事訴訟において,家庭裁判所の調査官の調査を活用したり,参与員(さんよいん)の意見を聴いたりできるようになりました