「ブルーマップ」とは,住所から不動産登記の地番が調べられるようになっている地図です。
青色で印刷されているため,ブルーマップと言われています。

住宅地図に法務局備え付けの公図を重ね合わせて印刷したもので,
調べたい住所の場所を住宅地図で探して,その場所の地番を見ることにより,
住所から地番を調べることができるようになっています

不動産の登記簿謄本などを取得するには,不動産の地番が必要なのですが,不動産の住所しか分からないというとき,ブルーマップを使って地番を調べるというように使います