「ブラックリスト」という,支払いをしない人を一覧にした名簿のようなものが存在すると信じていらっしゃる方も多いのではないかと思いますが,実際には,そのようなものは存在しません。

クレジットカードを作ったり,ローンを組んだり,消費者金融などから借り入れをすると,顧客の情報が「信用情報機関」に登録されます
順調に返済していても,何も借り入れをしていなくとも(クレジットカードを作っただけでも)情報は登録されています。

しかし,返済が滞ったり,破産や任意整理などの債務整理手続を取ると「事故情報」として信用情報機関に登録されます。
したがって,いわゆる「ブラックリスト」は存在しませんが,信用情報機関の情報を参照すれば,その人に事故情報があるかは確認出来ることになります。

事故情報は,5年~10年程度の期間,信用情報機関に記録されています。
したがって,その期間は,新規の借り入れが難しくなります