福岡の弁護士事務所:福岡中央法律事務所のページ

刑事事件の手続の流れ

目次
今後,どうなるのか知りたい
・逮捕後の手続の流れ
・起訴後の手続の流れ
刑事事件において行うべき対応
・示談を進める
・保釈の請求
・無罪を争うとき

今後,どうなるのか知りたい

刑事手続は,必ずしも逮捕されてから始まるものではありませんが,やはり最も深刻な事態の転換点は逮捕です。そこで,逮捕された後の刑事手続の流れについて説明します。

逮捕後の手続の流れ

逮捕されると警察で最長48時間,検察で最長24時間の合計72時間(3日間)身柄を拘束されます。

3日の間に検察官は,さらに身柄拘束を続ける必要があるか判断します。検察官がその必要はないと判断することもありますが,多くの場合,検察官は身柄拘束を続ける必要があるとして,さらに身柄拘束をできるように裁判所に請求します(これを「勾留」といいます)。勾留は10日間認められ,さらに10日間まで延長が可能です。
したがって,逮捕されてから最長で23日間,身柄拘束が続く可能性があります。

この期間(最初の3日間を除いた勾留中の間)は,警察の留置場(または拘置所)へ面会に行けば会えることもあるのですが,取調中であったり,検察官が面会を禁止している場合は,家族であっても本人に会うことができません。
差し入れ(身柄拘束をされているひとに物を渡すこと)も可能ですが,差し入れできる物は制限されます。

勾留の最終日までに,検察官は,どのような処分をするのか決めます。検察官が行う処分は,①起訴する,②起訴猶予とする,③略式命令を請求するの3つのパターンのどれかとなることがほとんどです。

③の略式命令とは,罰金100万円までに認められる簡易な裁判の手続です。略式命令となれば,身柄は解放され,正式な裁判を受ける必要はありません(決められた罰金は支払わなければなりませんが)。

②の起訴猶予とされた場合は,釈放され,通常はそれで事件としては終わりです(その後,再び捜査が行われる可能性も全くないとはいえませんが)。

①の起訴された場合は,その時点で身柄が解放されることもないわけではないですが,ほとんどの場合は,裁判が終わるまで勾留が続くことになります。

起訴後の手続の流れ

起訴されてしばらくすると第1回の裁判の日が決まります。第1回の裁判の日は,争いのない事件では1~2か月後,事件の内容が複雑であったり争いがあるともう少し遅く(3~6か月後)なります。

争いのない事件では,通常1回で事件の審理は終わり,2回目に判決が出ます。
犯罪を犯したことに争いのない事件では,判決が実刑になるか,執行猶予付きになるかが大きな分かれ目です。

複雑な事件,争いのある事件では,さらに数回から十数回の裁判の日程が入り,判決となります。

結局,逮捕されて正式裁判を受けるとすれば,短くても3~4か月の間,身柄拘束が続くことになります。

刑事事件において行うべき対応

刑事事件の手続は,上記のような流れとなります。
早く身柄を解放される,より軽い処分を受ける,より軽い判決を受ける,無罪を勝ち取るというためには,それぞれの段階で必要な活動をしなければなりません。

示談を進める

被害者のいる事件においては,被害者と示談を進めることが非常に重要です。

逮捕された段階で被害者と示談ができれば,勾留請求されずに事件として終わることもあります。勾留段階で示談ができれば,検察官の処分が起訴猶予,あるいは略式命令となる可能性が高くなります。また,裁判となっても,示談が成立していれば,執行猶予付きの判決となる可能性が上がります。

保釈の請求

手続の流れのところでも書いたとおり,正式な裁判となった場合には,判決までに短くとも3~4か月はかかります。逮捕・勾留されて,そのまま裁判ということになれば,3か月以上も身柄拘束が続くのですから(その間,電話を架けることもできません),社会生活を送るうえで深刻な問題が生じます。

そこで,起訴後に限定されますが,保釈という制度が認められています。裁判所へ保釈を請求して認められれば,判決が出る前に身柄拘束が解かれ,外へ出ることができます。起訴後すぐに保釈が認められれば,逮捕されて1か月程度で外での生活に戻れます。

無罪を争う事件では,接見を繰り返す

無罪を争う事件では,できるだけ頻繁に接見を繰り返す必要があります。

冤罪事件でやっていないことを自白したという報道を見て,多くの方は,自分がやっていないことを自白するはずがないと思われることでしょう。
しかし,無罪を主張する事件では,面会を禁止されることが多く,家族をはじめ誰とも話をすることができない状態で,1日中取り調べを受けることになります。そのため,いくら本当のことを言っても無駄だと諦めて,捜査官の言うがままを認めてしまうのです。

したがって,弁護士が接見を繰り返し,アドバイスを送り,励ます続けることが非常に重要なのです。

お問い合わせ,相談の予約はこちらへ TEL 092-724-6820 受付時間 10:00~18:00[土日祝は休]
上記時間外は問合せフォームからどうぞ

PAGETOP
Copyright © 2007-2017 福岡中央法律事務所 All Rights Reserved.